タダラフィルのジェネリックの種類

タダラフィルとは、EDと呼ばれる勃起不全や前立腺肥大、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられる薬です。
ED治療薬としてはシアリス、前立腺肥大の治療薬としてはザルティア、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてはアドシルカという名称で、それぞれ処方されます。
このタダラフィルには、多くの種類のジェネリック医薬品が存在しています。

タダラフィルは、体内で5型ホスホジエステラーゼという物質の酵素活性を阻害する働きがあります。
この働きは陰茎周辺や肺の血管を拡張させて、血流を増加させる事によって機能すると考えられています。
この血流増加という作用によって、ED等の治療に効果があります。

タダラフィルは経口服用タイプの薬です。
毎日決められた用量を服用します。
用法や用量は治療したい症状によって異なってきます。
例えばEDの治療のためであれば、性行為を行う1時間前に1錠を服用するようになります。
効果が実感出来なければ量を増やす事は可能ですが、1日20mgが上限となります。
間違った服用をしないためにも、医師や薬剤師の指示に従ったり、またはパッケージの注意書をよく読む事が大切です。

タダラフィルは高い効果を期待出来る薬ではありますが、副作用が起きる可能性もあるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、頭痛やめまい、鼻づまりや鼻水等があります。
服用をしていて違和感を感じたら、速やかに医師に相談する事が大切です。

また、タダラフィルは硝酸薬との併用が禁じられています。
硝酸薬とは、心不全や狭心症の治療に用いられる薬です。
タダラフィルと併用をすると、過度に血圧を下降させる恐れがあります。
他にも、重い心臓病や脳卒中がある人や、女性の服用も禁じられているので注意が必要です。

▼バイアグラのジェネリックでおすすめ
カマグラゴールド

▼通販で購入したいなら
シアリス 通販